「夢幻の構想〜詰連珠作品集」刊行
残部ありません
 本書は、単に作品を掲載しただけのものではありません。書き下ろしの評論やコラムを含め、次のような構成になっています。

 第一部・作物詰連珠評論、第二部・四追い作品、第三部・限珠案作品、第四部・解答、資料。解答には、感想が付されている物もあり、作品を解くだけでなく、読んでも充分に楽しめる構成です。

 A5版288頁、上製本で、四追い案408作品、限珠案178作品を収録。2004年7月刊行

 頒布価格3,000円(送料340円)。

龍  鷹


坂田吾朗九段よりの推薦文

 もの凄い本が出来たものだ。

 「夢幻の構想〜詰連珠作品集」という新刊本。龍鷹氏の編・著である。

 内容の量も質も、本当に物凄い。今までに出版された連珠図書の中では、高山互楽名人の「聯珠真理」以来の快挙と言ってはばからない。私が自費出版したワープロ仕上げ、26冊の「NRS・詰連珠シリーズ」を全部合わせても、とてもこれには敵わない。

 よくこれ程までに調査し、整理整頓して、詰連珠(作物)愛好者を楽しませてくれるものを、それも自費出版で、この世に出してくれたものだと思う。決してヨイショやお世辞ではない。

 この本一冊を楽しむには、何年かかるだろうか。多分、かなり真剣に取り組んでも、4〜5年は要すると思う。それ程に濃い内容の連珠書だ。

 まだ著者の元に在庫があることと思う。作物の詰連珠愛好家は、是非ご購読をお勧めする。絶対に誇張ではないことは、本を手にとって、内容を5分も見てもらえば納得できると思う。四追い勝ち案と2手勝ち案・4手5連案の集大成であるが、完売になる前に是非とも手に入れておきたい本だ。

 一寸思いついたままに。

正誤表